2013年09月12日

置いてかないで

あなたの国では1600年ころ何がありましたか?

今日は日本語教室の日。日本語の教材で江戸時代について書かれた文章読解があり、その設問としてこんな作文の問題がありました。

ある外国の方からこの問題の意味がわからないと聞かれたので、説明してあげました。


−例えばあなたの国の場合、オランダがやってきたんじゃないの?

「よく覚えていません」


歴史を把握しとけ。こんな微笑ましいやりとりをしつつ、また別の方と話していたら、その人が以前東京に住んでいたことが分かりました。

職場は東京駅の近くだったが駅名は忘れた、フィッシュマーケットの隣だったとかいうものだから、その辺りに馴染みのある僕は、

−八丁堀?

と聞くと

「そう八丁堀!」

と妙に盛り上がってしまい、ついには日比谷線!日比谷線!とか大合唱っすよ。


その後その方から昼ごはんに誘われまして、僕はいつも昼ごはん食べないんですけど、せっかくなので一緒に行きました。結局シーザーサラダ食べた。

それよりも店には自転車で行ったんですけど、その人結構な歳のはずなのに自転車漕ぐのが早いんですよ。僕がほぼ全力を出してどうにかついていけるくらいのスピードでした。

おじさん、待ってよ〜 置いてかないでよ〜


いずれにせよこんなちょっとしたお誘いがあるということ自体、東京にいた時には考えられなかったことで、とてもありがたいことだと思うのです。
posted by 菊地 at 23:38| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

できない通訳

僕は通訳ができない。

そんな能力は持ち合わせていない。

あるミニ交流イベントがあり、日本語がわからない外国人参加者がいたので、できないなりに通訳して差し上げた。

僕は読み書きはともかく、英語を話すのはそんなんでもないわけで、ざっくりと内容を訳して伝えた。だいたいわかってくれたんじゃないだろうか。

それより、通訳している僕を見て、「菊地さん独り言を言っているのかと思った」と言うのはやめてくれ。


そんなこんなで今日は色々頼まれた。

「スピーチ大会の発表者のために原稿のチェックをしてやってくれ。」

−よし、OK!

「インターネットの接続をしたいんだけどどうすればいい?」

−よし、ここでIDとパスワードを見せてもらえるよ!

「ちょっとフェイスブックに日本語で投稿したいので英文を日本語に翻訳してくれ。」

−よし、すぐやる!

「一身上の都合でイベントの担当ができなくなったので代わってくれ。」

−よし、そういうことならお任せ!


他にもまだあった気がするけど頼ってもらえるというのはとてもありがたいことで、頼まれたらいつも腕を前につきだしてこう言うのだ。

−よし、任せとけ!
posted by 菊地 at 22:58| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

ヌッパーレッパ オンモンジョン

一度言ってみたかった言葉がある。

その機会を何年もずっとうかがっていた。

そして今日ついにその言葉を言う時が来た。

−Ne parlez pas en mangeant.
(食べながらしゃべるな。)


これは大学の時に受けたフランス語の授業で使った教科書に出てきた例文で、とても語感がよく耳について離れなかった言葉だ。

意味も好きだ。隠れた名言とさえ言えるのではないか。

そしていつかフランス人に会うことがあったらこの言葉を投げかけてみよう。ずっとそう思っていたのだ。


今日、ついにその時がきた。たまたま旅行で日本に来ているというフランス人と話す機会ができたのだ。

−ボンジュール!Ne parlez pas en mangeant.(食べながらしゃべるな。)

・・・・・・

伝わった。ちゃんと伝わったようだ。なんかポカンとしてたけど。意味はわかったみたい。

外国語をやっていて楽しいと思えるのはまさにこのような自分の伝えたいことが伝わった瞬間なのだと思う。


その後なんかフランス語で話しかけられたけどよくわからなかったので昔覚えたフランス語のフレーズ、Ca depend.(時と場合による) Ca depend.(時と場合による) って適当に言っておきました。


「どうしてそんな言葉知っているんだ?」

−時と場合による。

「どこでフランス語を習ったんだ?」

−時と場合による。

「名前は?」

−時と場合による。


もしかしたらこんな感じのやりとりになっていたのかもしれません。

こんな対応で良かったのだろうかとちょっと思ったりもするけれど、それはやはり時と場合によるんじゃないだろうか。

posted by 菊地 at 22:55| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

最終日だから

例の留学プログラムが終わることになり、今日で留学生と会うのが最後になりました。

最後だからもう何でもあり。

スラング的なことから下品なことまで散々日本語や日本文化を教えて差し上げました。

喜んでくれて何よりだ。責任はとらん。


お別れの前に一緒に遊ぼうということになり、一緒にゲーセンに行きました。
NEC_0381.JPG

それとこちらから手紙を渡しました。
いいね。手紙って。(内容はともかく)


そういえばこんな話ばかりで申し訳ないんですけど、ゲーセンに行く時に留学生から「チンコレストラン」で待ち合わせしようと言われたんですよ。

いやいやいや。そんなレストランあるか。あってたまるものか。営業できないんじゃないの?
だいたいどんな料理が出てくるっていうんですか。

とにかく行けばわかるとのことで指定された辺りに行ってみたんですよ。
レストランというか蕎麦屋が一件あったんですけど、別にそんな名前はついていませんでした。

やっぱり「チンコレストラン」なんかあるわけがない。

この建物は昔西武デパートだったところで、小さい時分よく行ったものでした。

今は改装されて商業施設になってしまいましたが、オレンジ色のエレベーターはそのまま残っていたりします。

このエレベーター、パンのにおいがするんだよな、などと昔のことを思い出しているとふと案内板が目に止まりました。





NEC_0378.JPG

これか。
posted by 菊地 at 23:48| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月03日

日本語音声

日本語音声について関係者と勉強しました。

僕が教える役目を任されまして、今日は問題の解き方を分析しました。

原則は、
 「できない問題は捨てろ!」
です。

本当です。
posted by 菊地 at 23:54| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

手紙

先日歌詞の翻訳を手伝った留学生から手紙をもらいました。

手紙には、たんたんたぬきのおふくろさんとか書いてましたから、内容はアレなんですけど、手紙をもらったこと自体がやっぱり嬉しい。
posted by 菊地 at 22:56| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

歌詞

「すみません。歌詞の翻訳を手伝ってくれませんか。」

−よし、任せとけ!

米国の留学生からある日本のポップミュージックについて歌詞の意味を英語で紹介したいから、翻訳を手伝ってくれと依頼されまして、今日一緒に作業しました。

曲自体は知らなかったんですけど、うまくできたと思います。
奴は日本語の理解がしっかりしている。


作業後、雑談していたらその留学生がどこから覚えてきたのか、急に日本のある伝統的な歌を歌い出しました。

なんでそんな歌知ってるんだ?
ともかくこのついでだ。もう一曲翻訳しちまうか。



ここに「たんたんたぬき」の英語版が完成することになる。

posted by 菊地 at 22:09| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

メッセージカード

米国の留学生から、おみやげを買うお金がなかったからと手書きのメッセージカードをもらった。絵まで描いてある。

これは嬉しい。

会った回数はそんなに多くなかったはずなのにこれほど慕ってくれているのか。

もしかして変なインパクトを与えてしまっている?
posted by 菊地 at 22:41| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

留学生と雑談

米国人の留学生と日本語の勉強という名目で雑談しました。

そのときに話した内容をホワイトボードに記録していたんですけど、気付けばこんなんになってました。
NEC_0333.JPG

基本に忠実な奴らだ。
posted by 菊地 at 22:08| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

勉強しろ

米国からの留学生と話す機会があったんですが、どうして勉強するかみたいな話になったのでこう言ってやりました。

「いいから高校生は勉強しろ。大学生も勉強しろ。」

posted by 菊地 at 22:12| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする